まずはベビーベットの種類(大きさ)から学ぼう!

ベビーベッドの大きさってどれくらいのものがあるの??

実際にベビーベットを購入しよう!と思っても、まず何を重視して購入すれば良いか分からないという方向けにお伝えしたいポイントと言えば1つです。それは、ベットの大きさを知ること。主に3種類の大きさのベットが存在するので1つずつ大きさを書いていきたいと思います。

1)標準ベッド(内径120×70)

一般的な標準タイプなので、寝室が大き目の方におススメしたい商品です。ちなみにこの商品の詳細を簡単に説明しますと、移動に便利なキャスター付きで、床から離れているベットなので通気性が良くホコリ・湿気・振動などから赤ちゃんを守ることができるという点やすのこ床板の3段階調整ができてローベット・サークルとしても利用できます!

楽天市場で見る

2)小型ベッド(内径90×70)

標準よりコンパクトなので、お部屋を広々使えます。1枚の畳の半分の大きさで収まるのでマンションやアパートに住んでいる方にもおすすめできます。またこの商品の詳細を簡単に説明しますと、移動に便利なキャスター付きで、床から離れているベットなので通気性が良くホコリ・湿気・振動などから赤ちゃんを守ることができるという点やすのこ床板の3段階調整ができてローベット・サークルとしても利用できます!

楽天市場で見る

3)ハーフサイズ(内経70×60)※レンタル

従来のベビーベッドの約半分の大きさでベッドを置くと部屋が狭くなるとお困りの方に最適な商品です。またこの商品の詳細を簡単に説明しますと、扉スライド式で生後4ヵ月以上の赤ちゃんには使用できないものとなっております。※こちらは現在レンタルでご利用いただいてる方の
期間延長専用のご注文になります。

楽天市場で見る

まとめ

ベビーベットには、大きく分けて3種類のベットがあることが分かりました。ご自身の住んでいる家の状況によって、サイズ感は変わってくるかと思います。そのようなことをよく頭に入れてから購入することをおススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ