ベビー布団の相場と購入する際に気を付けなければならないポイントとは??

ベビー布団の相場って??

成長が未発達な赤ちゃんの身体には、固い布団が必要不可欠です。大人が利用しているフカフカな布団だと赤ちゃんの成長を妨げたりするのであまり好ましくないと言われています。一方そんなベビー布団の価格はといいますと、7点セットで1万円ってものもあれば5万円以上するものもあり、非常にふり幅が多く悩まれてしまうかもしれません。そんなときに皆さんに覚えていていただきたいのは、防水シートの存在です。極端な話、防水シートさえあればおもらし・汗かき赤ちゃんに素早く対応できます。そのため、購入の際には防水シートもセットになっているものをチョイスしてみてください。今日は、比較的ネットで人気のあるベビー布団を紹介したいと思います。

ベビーベット購入に関して、学べるページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まずはベビーベットの種類(大きさ)から学ぼう!

ベビーベッドを購入するときはサイズ感・高さをよくチェックしなければならない?? 

大人気!洗える日本製オーガニックコットン11点セット

20タイプの柄から1つ商品をお選びいただけます。また日本製なので赤ちゃんにも安心!固綿敷布団以外は丸洗いができるので、清潔感をずっと保つことができます。厚み6㎝の日本製固綿布団なので赤ちゃんの成長を妨げることなく快適に使用することができます。気温によって調整ができる掛布団中芯2枚入りだから安心ですね。

入っている商品は、掛布団カバー・掛布団中芯2枚・まくらカバー・まくら中芯・固綿敷布団・フィッティングシーツ・ベビーまくら・防水シーツ・汗取りパット・洗濯ネットの11点です。

ベビー布団(11点セット)

布団

サイズ

固綿敷布団は、70㎝×120㎝です!比較的平均的な大きさとなるので、購入するときはご自身の購入予定のベットもしくは、既にお持ちのベットをよーく確認してからの購入をお願いします!

まとめ

ベビーベットは、固い布団と防水シーツが最低限必要なアイテムであることがわかりました。また、布団を購入するときはベットとの大きさも考慮しながら購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ