ISO対応で頭部を保護するエアパッドも搭載!安全を守れるジュニアシートはコレだ!

 意外と多い側面衝突事故に備えて!

右折しようとした車に対向車がつっこんだ!そんな事故をよく耳にします。もし後部座席の左側に赤ちゃんが乗っていたら、勢いよく車が衝突してくることが予測されますね。そんなときに大切なのは、事故を起こさないことはもちろんですが、チャイルドシート(もしくはジュニアシート)に対して側面衝突に耐えうる装備が付いているかどうかという点です。今回ご紹介したいのは、タカタから販売されているChild Guard Junior。これは頭部を保護するエアパッドが採用しているので、側面衝突時には縫い目からパット内の空気を逃し衝撃を効果的に吸収してくれます!ジュニアシートにはあまり見られない機能なので安全面を重視したい方にピッタリな商品です。

<TAKATA>Child Guard Junior 対象年齢:3-12才 総重量:およそ6.9㎏くらい

※この商品は、ISO対応・シートベルト対応のチャイルドシートとなっています。

Child Guard Juniorを販売しているページに移動します!

楽天市場で見る

Amazonで見る

製品の特長

製品について:

欧州で2つのデザイン賞を受賞。ドイツの安全性能試験機関で高い評価を
受けたジュニアシートの日本向けモデルが登場。SOFIXでしっかり固定できるので安心です。
また、独自のエアパッドを採用し、子供の安全性と快適性が向上しました。

その他の製品:

1)頭部を保護するエアパッドを採用しているので、側面衝突時には縫い目からパット内の空気を逃し衝撃を効果的に吸収します。

2)サイドガードが付いているので、子どもの頭部・肩・腰を側面衝突から守ります。

3)シート背面部にスケールウィンドウが付いているので、一目で身長の確認をすることができます。

4)ワンタッチで頭部・肩部のガード、そしてショルダーガイドを同時に調整することができるので子どもを常に適正な位置に設置することができます。

5)背もたれを倒したり、取り外して折りたためるので車のトランクなどにも収納できます。

 

総重量・サイズ

Child Guard Juniorは、総重量:6.9kg

W450×D480×H690mm

まとめ

3才~利用できてISO対応のジュニアシートを36000円くらいで購入したいママにおすすめです!特にこの商品の押しは、安全面を重視している点にあります。頭部を保護するエアパッドを採用しているので、側面衝突時には縫い目からパット内の空気を逃し衝撃を効果的に吸収してくれるんですよ!ただ、ジュニアシートにしてはやや重い、価格も高めなのでそのようなことも考慮に入れて購入されることをおすすめしています。

☟チャイルドシートアセスメントでは、下記のようになっています!

Child Guard Junior:該当製品の試験結果は掲載されていませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ