チャイルドシートを購入する前に確認してほしいことその2(製品サイズ)

 製品サイズの何を確認すればよいの?

チャイルドシートを購入する中で必ず記載されているのが、商品説明です。

商品説明の中には、対象年齢・製品の重量・製品のサイズなどありますが今回注目してほしいのは

製品サイズです。

 

見る

製品サイズには、下記の2点に注目をしてください。

①長さが、ミリ単位もしくは、センチ単位で書かれている。

幅・高さ・奥行などを日本語もしくは英語表記をしてある。

さて、実際に製品サイズが書かれているページを見ていきましょう!

実際に商品説明ページを見てみましょう!*カーメイトのKURUTTO4のページに飛びます。

中身を開いてみるとこんな感じで書かれています。

商品説明
対象年齢 新生児~4才頃(身長100cm、体重18kg)
製品サイズ H640×W455×D700mm
(リクライニング3段目、サポートレッグ収納時、日よけを除いた状態)
製品重量 15.1kg
取付け方法 シートベルト
生産国 日本
ワイドサンシェード グランス:LLサイズ(約98cm)
プレミアム:Lサイズ(約79cm)
フルサポートクッション
(新生児用クッション)
グランス:LLサイズ
プレミアム:Lサイズ
クッション グランス:もっちり2層クッション
プレミアム:1層クッション

 

ここでは製品サイズがH640×W455×D700mmと書かれています。

見方を丁寧に説明すると、H(高さ)64㎝×W(横)45.5㎝×D(奥行)70㎝という意味になります。

下記の絵で表すとこんな感じです↓

画像

また実際に、この製品はコンパクトですよ~とメーカー側が謳っている製品には、Hの部分、つまり高さが低いものが多い傾向にあります。

これをもっと掘り下げて説明すると、座高が低いということは重心が低い製品である、つまり万が一の事故の際に安定した状態を保つことができます。(重心が高い(高さがある)製品に比べて)

まとめ

チャイルドシートを購入する際は、できるだけH(高さ)の低い商品を購入をおススメしています。

例:回転のしない固定式のチャイルドシートなど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ